キヨクタノシク

今泣いてないで歩いていこう 燃え尽きるまで

ドッグファイト / ベトナム戦争について

とうとう1週間ほど前になりました。DOGFIGHT再演。

喜びの涙を流したあの情報解禁日からなんだかんだあっという間だったな。まあでも、あいだにジャムツアーがあったからね(だからなんだよって)。

そんなこんなで徐々に気持ちの準備が整ってきたわけですが、やっぱり複数回入るからにはきちんと演者の芝居を堪能しきりたい。表現を汲み取りたい。どうせ10.800円×1○公演払うなら、めいっぱい隅々まで楽しみたい。そんな気持ちになるわけです!

舞台を観劇していつもストレスに思うのが、己の予備知識の乏しさ。。。音楽や思想でその時代背景を表現してるんだろうけど、知らない!分からない!の二点張り。それらを感じることができたら、もっと素敵な舞台として記憶に残るんだろうなあと。だから今回はそんなことがないように事前に「海兵隊」と「ベトナム戦争」について調べました。ちなみに自分はもの調べをするときに、インターネットというどこのだれが落とした情報か特定できないツールを基本的には好まない。きちんと自分の足を運んで、見たり聞いたり感じたりすることを重要視する人間だけど、今回は月末のこの忙しい時期に。。。ってことで大嫌いで大好きなインターネットから情報を入手した(文献集める気力ゼロ疲れた)。

f:id:ksmre12:20171128181853j:image
「え。。てかベトナム戦争って枯葉剤でしょ?なんで陸軍じゃないの?なんで末様(懐かしの末様呼びw)海兵隊員なの?」
私が、DOGFIGHTを初演のときに見て思ったこのこと↑から解消しよう。

海兵隊は、海を越えての外征作戦を主な任務とします。海上から小型ボートや水陸両用車などで輸送されて、敵地に上陸などを行います。そのため、アメリカ海兵隊は通称「殴り込み部隊」とも呼ばれています。海軍は多くの人がイメージしているような戦闘艦(艦艇)などで海上で戦う軍隊のことです。そのための艦艇を操ったり、艦艇から砲弾を撃ち込んだり、ミサイルを発射したりなどをやる軍隊のことです。」

いやあ~実に明快な答えがありました。海軍と海兵隊ってちがうんですね(笑)すっきりすっきり。そういわれてみれば、誠也くんが撃たれたのも地上戦でした。下記にもあるように海兵隊は、先陣を切って敵地に乗り込むため、多くは優秀な精鋭でもあると。お~~つながるね~~内容につながるね~~この奢りがあの少年どもの口の悪さとか、そもそもの「DOGFIGHT」というゲームに繋がるんだなあ。

■「海軍」と「海兵隊」の違いは何なのか?
http://beginner-military.hatenablog.jp/entry/2016/11/06/180500


次に、ベトナム戦争=枯葉剤という乏しい自分の脳みその為に下記サイトのまとめを読ませていただきました。いや。。。まじ深い。インドシナ戦争からつながるのか。結局はアメリカとソ連の冷戦がつながるのか。う~~ん。てか分かりやすい。ドラえもんに例えた人すごいな~~みなさんもぜひご一読を!あとね、初演のときに気になったことがあって。ベトナム戦争後になんで海兵隊が粗末な扱いされるのか。。それこそ先述したとおり精鋭なはずなのに、帰還した海兵隊の扱いが気になったのです。でもそれがまた今日の仕事片手間の調べ(下記)によって、無事解決した。

「(中略)その歓迎ムードはごく一時的なものであり、多くの帰還兵の労苦はすぐに忘れられ、時に偏屈な厄介者として扱われる。また、戦争やそれを推進した政府や軍や議会の責任までもが、理不尽にも将兵に負わされ、非難される例も多い。」

なるほど過ぎる。とくに”ベトナム帰還兵”という固有名詞が存在することすら初めて知ったし、ベトナム戦争はアメリカが最初に政治的勝利を得られなかった戦争なわけで、国民が敗北感を感じた最初の戦争でもあるわけで、それであのシーンが表現されたのか。なるほど!!そんな時代背景があったのか!これらを知った上で見るドッグファイト は、さぞかしまた深いものなんだろうなあ。ただでさえ、1幕と2幕のギャップがすごいから……この海兵隊員と世相とを熟知した上で個人的に見る所存。あとはフライヤーにもあるけど、「少年から大人に」。これがそんなにも大事なキーワードとは思えないんだけど、まあこれは想像するしかないからなあ〜〜(笑)

ベトナム帰還兵 (帰還兵に対する非難)
https://ja.wikipedia.org/wiki/ベトナム帰還兵

ベトナム戦争ドラえもんで分かるように説明してみまんた
http://wa-wa-you.blogspot.jp/2013/02/blog-post_8625.html

ベトナム戦争
http://www12.plala.or.jp/rekisi/betonamusennsou.html

■Vietnam:ベトナム戦争1965年3月-1975年5月
http://www11.plala.or.jp/Gang-Ho/history/vietnam/index.html


ウルトラ自己満足な内容なんですが、これを読んで再演のドッグファイトを観劇するひとの予備知識の足しになったら嬉しいです。もちろんこれは、言わずもがな私ではなく上記出典もとの方々のおかげであることを前提の上述べています。感謝します。いやしかし、スッキリした!清々しい!これでかかってこいベトナム戦争。゚(゚´ω`゚)゚。(そもそも学生時代勉学に勤しんでたらわざわざ調べなくても…)

軽いレポートくらい長くなっちゃったので、誠也くんに向けた言葉はまた今度更新します(^O^)
はあ~~~たのしみ♩つかのま~~♩