キヨクタノシク

今泣いてないで歩いていこう 燃え尽きるまで

誰かに負けるはずがない。

どんよーりします。気持ちが。

 

まいジャニのブリュレにいなかったからって、夏のポスターにいなかったからって、情報局の動画にいなかったからって、それだけでこんなテンション落ちる私どうなの。不遇なんて今まで数えきれないくらいあったのに。

次こそは!次こそは!って前を向くためにはやっぱり誠也くん本人の言葉が欲しくて、付いて来いって言わんばかりの踊ってるときのあの表情が見たくて、安心したい私はわがままなファンなのかな……

 

なうぇすと広島公演からもうすぐ1ヶ月。

誠也くんの現場がなくて、今まで現場に足を運ぶために使ってたエネルギーをどうしたらいいかわからなくて、ひたすら雑誌のアンケートと少クラやまいジャニにリクエストメールを送る日々だった。とれ関にも必要以上に送ってしまった。読んでほしいとかじゃなくて誠也くんの支持率を上げたかっただけ。「末澤くんってこんな人気なんだ!」ってスタッフの人が1人でも思ってくれたら万々歳。わたしの勝ち。しまいには、何を血迷ったか毎朝聴いてるぴーちゃんのサウトリにも誠也くんのステマを送った。誠也くんが初めて尊敬する先輩にぴーちゃんを挙げた去年の冬、それだけをただ信じて送ってみた(笑)読まれることはないだろうが、何かをし続けないと怖いと思ってる自分がいる。禁断症状?

 

屋良くんのI LOVE A PIANOを見ても誠也くんが頭から離れなかった。振り返り方とか真っ直ぐ焦点を見据える感じが誠也くんを思い出させた。きっと誠也くんは屋良くんをお手本にしているんだろうなと思った。屋良くんのタップダンスを誠也くんが見たらどんなコメントを残すんだろうか。

チケットを譲ってくださった方に「屋良くんのファンなんですか?」と聞かれた。「関西Jr.が好きで、あの子たちがお世話になってから屋良くんにハマってしまって…」って咄嗟に答えたけどほんと自分何様なの(笑)お世話になってって(笑)でも、屋良くんの踊りと歌を楽しむたびに思うんだよ。背が高くなくてもこんなにも大きくて存在感あって、センターが似合う人すごいなあって。そのレールってある意味誠也くんも進みかねないなって。私は誠也くんが小柄なのを彼の武器だと認識してるけど、きっとそれも屋良くんを見てるからそう思えるんだろうな。そうやっていつもわたしも屋良くんにお世話になってたのに気づけたのが昨日の話。

 

夏までに何度四苦八苦、紆余曲折、喜怒哀楽、ネガティブな言葉を発してしまうんだろうか。そのときはまた思い出そう、誠也くんのパワーワードを。「負けない、誰にも」脳内全体に響き渡らせよう。

誠也くんは負けない。誰かに負けるはずがない。

f:id:ksmre12:20170602184730j:image