キヨクタノシク

今泣いてないで歩いていこう 燃え尽きるまで

嵐 × ジャニーズWEST(ワクワク前)

昨日のなにわぶ誌の淳太くんからのご報告、素敵ですね〜〜。帰宅途中の電車で「ワクワク」してきました。ありがとうございます。

 

いやしかし、翔くん。

かっこいい〜〜(^_^)

 

淳太くんのことを知ってくれていて、なんならキャスターの道に進みたいという野望までご存知だなんて…中間担だけでなく、全ウエスト担が泣いたことでしょう。そしてしっかり連絡先まで交換して、ご飯行くお約束までしているだなんて。感涙。

なんでここまでこいつ感動してんの?って思う方もいらっしゃるかと思いますが、私はジャニーズWESTが潜めている魅力を引き出したいと以前から切願してました。ポテンシャルの塊の奴らを世に披露したいのです。その為には、いわゆる国民的アイドルである嵐との共演は必要不可欠だと以前から考えておりましたので、ワクワクお食事会での嵐とウエストくんのやりとりに感激してます。しかしながら、今回の共演は意外でも驚愕でも全く無く、ひとつのプロセスとして容易に受け入れることができたんですよね。いや、すごい嬉しかったですよ?ただ、やっとチャンスが巡ってきた〜〜っていうよな心情に近かったです。キタキタ!みたいな。なんなら、6月の予定が無いと予測した時点でもしや、ワクワク有るんじゃないかとワクワクしてました(しつこいですねワクワクワクワク言ってすみません)。

去年、おじゃんぷちゃんがワクワクで嵐と共演して、24時間テレビでV6兄さんと共演して、指をくわえて見ていた私でした。ただ、露出が増えて、知名度だけが上がればいいというわけではなくてジャニーズWESTという無限大のカラーを世に知らしめたいわけです。ジャス民の間ではご法度かもしれませんが「関ジャニ∞の弟分」でまだまだカテゴライズされてしまうウエストくん。ウエストくん彼らも最近ドラマやら舞台やらバラエティやらメディアの露出機会が増えたにも関わらず、世の固定概念は無くなりません。悔しーい。もちろん、それが一概に悪いとは思えないのであまり声を大にして言えないのですが(笑)ただね、もっともっと出来るんだぞ!ってのが言いたいだけです。ええじゃないかも逆転winnerもパリマニ(パティマに?w)もジャニーズWESTです。面白いのはもちろん爽やかなのもかっこいいのも!それをもっと沢山の人に見ていただきたいんです〜〜。切願。切願。切願。

だから、アラシック様がどのように私たちのウエストくんを見てくださるのか楽しみでなりません。なんなら去年から今年にかけての伊野尾革命に続き、自担くんの革命も始まれば…そしたらもう容量抜群の超最新型のレコーダー買います!いやしかし彼は舞台の道に進むのかな…(その話は今は違う)。

とにかくいつか始まるであろうハマダレボリューションは今後の楽しみとして置いといて、今はワクワク学校2016@TOKYOで嵐とウエストでどんな化学反応が起きるかひっそり待機しておこうかと。週末まであと1日頑張りましょう。。

f:id:ksmre12:20160623220334j:image