読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キヨクタノシク

今泣いてないで歩いていこう 燃え尽きるまで

濵田崇裕

ちょいと自担が座長になりまして (完)

2016年5月15日(日) 梅田芸術劇場ーーー3週間に渡り、駆け抜けてきた舞台が閉幕となりました。それを今6月になって何を語ると言われても大したお話はできないんですけれども、とにかく幸せな日々であったことは間違いないです。今でも「サブロス」になること…

市場三郎〜温泉宿の恋 ⑨

そして舞台は次男のいる荒波に面した崖に。ちなみに涙さん役でまりゑさんと門人さんも(笑)カフェから出て行った、父と母は次男を連れ戻しに荒波に面した崖へと到着。説得するも次男は荒波に向かって終始ピッチングの練習をしてます(ちなみに舞台の角に荒波…

市場三郎〜温泉宿の恋 ⑧

そしてまた鞭を持った上司が登場し、温泉宿から数日後の職場に戻されるわけです。しかし、どうも力がはいらず、腑抜けなまま。そうそれは、愛しの雛菊さんとのこのが気になって気になって仕方ないから。そこで思い立った三郎は、雛菊さんにお手紙を書きます…

「あさイチ 森田剛出演」を見て、ふと思う

ときは突然。朝ドラを見た後いつも通り有働さんとイノッチがボサボサ頭の寝起きの私を笑顔で迎えてくれた。ぬるっとジメジメした本日にゴーモリタが出演するなんて知らない知らない。5/28に主演映画がある為、最近珍しくバラエティ番組に沢山出てる剛くんで…

市場三郎〜温泉宿の恋 ⑦

そんなこんなで宴会場で、杯を交わすわけですけれども「かんぱーいっ」「ぐびぐびぐびぐびぐび」「ぷはーっ」と4人で擬音語を唱えてくのが微笑ましい。一杯目のビールを美味しそうに飲んでるサブちゃん可愛い。と、それはさておき上司の粋な計らいで芸者さん…

市場三郎〜温泉宿の恋 ⑥

「カロンコロンカラーン♩」とドアの鈴を口で発する上司を筆頭に、4人はスナックへ入店。そこで待っていたのは、まりゑさん演じるスナックのママ(衣装から声から口調まで完璧)と入山さん演じるお店の女の子キャサリン(実は昼に出会った女飼育員)、そしてホー…

市場三郎〜温泉宿の恋 ⑤

そんなこんなで、動物の査定後「見せ物ではないのでおかえりください」とホーリー飼育員さんに言われて、蛍の光のハミングまで歌われ、無理やり(笑)帰られされる4人なわけです。そこで、卓球経験者田中先輩は宿の卓球場へ行きましょう!と提案し、移動する…

市場三郎〜温泉宿の恋 ④

バイキング会場で驚異的なホットパンツに出会った4人はミーアキャットやレッサーパンダを見たことがない三郎の希望でミニ動物園へと車で向かいます。この劇中の車は、椅子が4つとハンドルらしき黒の輪とそれぞれの擬音で創られます。例えば、ドアを開けるの…

市場三郎〜温泉宿の恋 ③

オープニングの曲ですが、こちらは脚本の福田転球さんが手掛けたものとなります。一度聞くと耳から離れない曲調は音頭のようなとても昭和チックな感じです。これを三郎はじめ、他のキャストの皆様が振りを加えハモるのですがなんとも和みます。♩市場で生まれ…

市場三郎〜温泉宿の恋 ②

ホーリーこと大堀こういちさん扮する大堀スチコさん(スッチーに掛けてる)が前説でユーモア溢れた会場マナーをしてくださいます。近くで見るとつけまつげのズレ具合が凄くて、驚きました(笑)時には、スカートを捲し上げてサービスも提供してくれる笑いなし…

市場三郎〜温泉宿の恋 ①

一番生まれの三男坊、真面目なだけがとりえの男、市場三郎(濵田崇裕)。彼は三田運送興業という運送会社で、いつも上司に叱られながらも、汗水流して働いている。その三郎が、幼児教育を学ぶためドイツに旅立つ恋人ララ(入山法子)を、空光で見送ったのは5年前…

ちょいと自担が座長になりまして

2016年4月22日金曜日 東京グローブ座ーーー待ちに待った初日。ついに、やってきた。念願の主演舞台、、、濵田くんがセンターに立つその景色が本当に楽しみで楽しみで事前にドドドドーンと続々に発売された専門誌も全て読破し、万全の状態で観劇しました。ま…